GitHub

最終更新: 2022年01月13日

mainブランチを保護する

mainは常にリリース可能な状態にしておくべきです。設定画面からmainをプロテクト(保護)し、PullRequestを必ず経るようにしてください。こうすることでレビューを通さずにmainブランチを変更することができなくなります。

GitHub無料プランではパブリックリポジトリにしないとブランチ保護はできません。また、現在はmasterではなくmainを手ブランチとすることが推奨されています。

これによりリポジトリオーナーを含む全メンバーは

  • mainへの直接Push
  • mainへのforce Push

をできなくなります。必ず他ブランチからPullRequestを通してmainを更新するフローになります。

マージ後のブランチを消す

mainにマージされたブランチは基本的に不要になるので自動的に消えるよう設定してください。